海外から送られてくる度ありカラコン

カラコンは薬事法の規制によって、度ありでも度のないファッション目的のタイプも、高度医療機器として扱われています。

クイーンアイズを見ると分かると思いますが、高度医療機器のため販売には厚生労働省の認可を得ている証明である高度医療機器販売許可の許可番号が記載されています。

製造輸入だけではなく、販売する業者もきちんと申請と許可を義務付けられています。

国内のカラコンに対しての規則は一層厳しくなり、国内のカラコンショップは一定の基準に見合ったカラコンを扱うようになり、以前よりは安全なものになりました。

ですが今、カラコンを購入する際に注意が必要とされているのは、海外発送のカラコンです。

海外にベースがあるウエブショップなどに関しては、日本国内のルールは当てはまりません。

そのため、日本国内で常識として知られていることが、海外には通用しないということが起こりえます。

海外ベースのショップと言っても、サイト上では日本語になっています。

特別サイト自体に特徴もなく、どのお店が韓国系サイトなのか、国内のサイトなのかはわかりにくいものです。

日本語におかしなところもなければ、扱うレンズにもそれほど大きな違いはわからないものです。

国内に振込先がある場合には、海外サイトであることすらわからないまま買い物をしているケースもあります。

見分けをつけるひとつの方法は、価格帯でしょう。

安価に入手できる度ありカラコンの中には、海外発送のものが少なくありません。

それが、今日まで多くの人が海外カラコンを安くてかわいいプチプラカラコンとして愛用してきた理由でしょう。

もう一つの特徴は、海外からの発送であることから個人輸入の並行輸入という購入方法になり、そのため一度に買える量は2か月分までがマックスです。

それ以上の量は税関でストップがかかります。

自分用に使用するためですから、自宅、実名で購入が基本です。

オフィスなどへは送れませんので、ご注意ください。

また、国内では規制があって買えない14.5mmを超えるレンズが見つかるのが、海外発送のサイトでもあります。